2018年06月30日

瀬見温泉Ⅳ

やはり更新を滞ってしまった…そろそろ完結させないとね。

瀬見温泉のシリーズもこれでおしまいです。お付き合いのほどどうぞ。



「ようこそお越し下さいました。こちらへどうぞ…」
翌朝は4時過ぎから館内散策と朝風呂にでかけましたよ。

ここは現在、日帰り入浴用の入り口になってしまいました“本館”の入り口です。



本館から入っての玄関正面の画です。

朝風呂浴びてからの散策だったので、時間は朝の5時前です!



宿泊棟から本館入り口方面へ。階段をおりた先が本館玄関ね。

粛々として高揚感というよりドキドキ感のほうが大きいかも…



昨晩には行かなかった“ローマ式千人風呂”に。浴場前の洗面台です。渋い!

時間によって“混浴”になっているみたいなので調べてね。因みに今時間はkao12…朝4:30だもの…



ここが浴場前の脱衣所になります。もちろん一ヶ所しかないけど、誰もいない!よし…

こういう時って一番オドオドするのは男のほうなのね。



どうですか。たまらんでしょ?もっと写りのよい画もあったのだけど、

うしろの壁画(タイル)が写っているのを選んだのでまとめてこれにしました。



イメージしたまんまでテンション上がってきました!

タイルのほころび(欠け)加減だとか、味のあるボロさ加減はもう大好物です。

昔、熊本のほうに行ったときの温泉か…いや、岩手鉛温泉の昔の湯治場を思い出しました。



なによりお湯が新鮮。源泉は熱すぎるので“沢水”で適温にしているようだけど日々違うみたい。

結構、熱めの温泉は大好きです。(このあとアタるけど…



良いときに来たのかもしれないけど、最上の人はずっこいぜ!

ホント侮っていたな~…



脱衣場にあるモチーフ。ほんと“宝の湯”かもしんない。

いいことありそうな…。日ごろの行いが良くないからこれで相殺で至って普通に戻るだけか?…



そんなこんなで、朝5時前までお風呂に入っていたよ。疲れるわけだわ…

あ~帰りたくない。現実に戻りたくない~。ここに住みたい~…



「またのお越しお待ちしております」(一枚目の写真とは違うよ。

からくりか何かでやったら面白いかもね。 うん。また来るよ!


今回はほぼノープラン、食事なしで泊まったけど、やっぱり食事も気になるよね。

次回は食事付き、しかも連泊で滞在したい宿でした。(強引に〆ました?



でも終わりではないよきっと。瀬見だけにセミ・ファイナル… ← 絶対言うと思ったわ…


同じカテゴリー()の記事画像
美唄やきとり
いつか風になる日…
湯遊ランドはなわ
瀬見温泉(番外編)
瀬見温泉Ⅲ
瀬見温泉Ⅱ
同じカテゴリー()の記事
 美唄やきとり (2018-08-12 19:00)
 いつか風になる日… (2018-08-11 18:00)
 湯遊ランドはなわ (2018-07-28 16:00)
 瀬見温泉(番外編) (2018-06-28 21:00)
 瀬見温泉Ⅲ (2018-06-28 00:00)
 瀬見温泉Ⅱ (2018-06-27 00:00)

この記事へのコメント
最高ですよね
全てが
ホテルにはないよさが
趣があります
贅沢ですよねー
そういうとこだと自分も散策しますな
高揚感があります
綺麗や便利はいいのかも知れないが
楽しみはなくなります
非日常であるからこその良さ
そういう演出

昔夜は自由に入れたような
電気はつかなかったけど月明かりで
何度かいっていたら
入れなくなったような
Posted by ガルダ at 2018年06月30日 22:05
興味深々
Posted by tan-tantan-tan at 2018年06月30日 22:47
カルラさん

ホント最高でした。
またゆっくりと時間を気にせず滞在したいです。

朝一番からお風呂に入りにくる奥様や(常連さんかな
登山客らしき方も多くなかなかの人気ですね。
これからアユ釣りの方が多くなるのかな。
Posted by yado8yado8 at 2018年07月01日 11:00
tan-tanさん

ホント良いところでしたよ。
時季がよかったのか虫もまだ多くなくて安心しました。
Posted by yado8yado8 at 2018年07月01日 11:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。