2018年11月28日

ご近所

仙台市在住の自分が週末や休みになると“山形方面”に行くのはやっぱ可笑しいよね。

交通、飲食、イベント、もちろん観光などその他もろもろを考えても充実はしてるんだろうけど、、

ただ単に好きになれないだけかなface06 いやいや何でだろう?もう若くないからか?

ん?山形が若いモン向けでないってことになるのか? ん?ようわからんがどうでもいいか、、、


ベトナム・ショップ

前から気になっていたけど入ってみるかな、、、

今更ながら“我が家”のまわりはほんと多国籍の方が非常に多いのよ

中国、韓国、台湾、インド、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン…の方もいたかな

もはやスーパーやコンビニのチェッカーは日本人の方が少ないくらい!


衝動買い、、、

お値段は“日本価格”だけどねface06 アルコール販売はなし!(やっぱ難しい?)


いやいや若い頃にお付き合いしていた方が、よく年末年始にはタイで過ごすという裕福なお嬢でね、

お土産にいつも“食材”を大量に購入してくるの。勿論、調理は100%“俺”だったんだけどねface06

ただ、タイにも行ったことのない俺の料理が、現地より旨い!とよく絶賛し続けてたわkao13

それを思い出して、、、

当時のレートでは、日本円の8~10分の1ぐらいだったらしい(コレを言いたかっただけ)、、


よっしゃー! 今回は当時を偲んで、久々に“鍋”でも振るってみるかー!



時代は変わるさ。しかも大きく変わるさ、、、

そう!もうこれで十分なのであります!…オチですがなにか、、、


ん~、、だって面倒くさいだもん。作って食うのオレだけだしさ(素

もちろん買った食材は使うよ。ん?~いつかね。ジジババら(失礼 には受け入れられないし、、


そうだ!これからは、ご近所の多国籍軍を攻めるレポでもしようかな(責任転嫁…

それには帰って来てくれ!若さと気力よ!



それよりあの鍋なんかもうないし、…キッチンは電化だし、… ホント頭悪すぎだし…
  


Posted by yado8 at 14:00Comments(0)日常散策

2018年11月25日

いつもの場所へ

二日間の山形旅もあっという間に終わってしまった。

連休中は生憎の天気で思ったところにもなかなか行けなかったけど、、まぁ十分満喫したさ!

山形旅の〆はいつものところで、、、


思い募る…

本来であれば今頃は九州旅で最後の“晩餐”だったろうに、、、

せめて“芋焼酎”でやっつけてやるさ~!


山形県産?なめこは、、、

しょうゆ漬け(だしタレ)でいただきました。(美味しくてタッパにして持ち帰ったわ!)

なんだかお腹にやさしくて落ち着くわ~


“伯子さん”の青菜漬けは、、、

これホントに美味しかったな~ 刻んで納豆に入れて食べたい。

翌朝にまた買って帰りたかったけど、、、忘れったーicon10


山形県産デカしいたけは、、、

バターしょうゆでいただきました、、、

やっぱ塩のみかしょうゆのみがお勧めかなface06


“まさ子さん”のにんじんは、、、

野菜スティックにしていただきました

これもサッパリして美味しかった。これも多めに買って帰りたかったな~、、、


“みさおさん”の銀杏は、、、

封筒の中に入れて「チン」していただきました

へぇ~こうやって調理するんだ~。これなら自宅でも出来る!もっと買ってきたらよかった~、、、


悪戸の芋は、、、

もちろん芋煮にしてもらったよ。 母ちゃんワガママ言ってゴメンな!

モチモチしていてホント美味しかったー!(肝心な芋、見えないけど、、、)


ワラビやキノコの塩漬けは「直ぐになんて食べられないよ!~」、、、そりゃそうだicon10

今度食べさせて!他のお客さんにでも出したらいいさ。

このほかにも、お刺身やお肉なんかもいただいて、もうお腹はいっぱい!

もう十分。山形満喫させてもらったわ。九州に行かなくても良かった!かな?、、、


またすぐ来るはー!ではまた。  


Posted by yado8 at 19:00Comments(0)食べる・飲む

2018年11月25日

十八才

もう、ピッチピチな山形おばこ探しに行って来ました!kao12

珍しい地名でメディアなんかでも取り上げられたことがあったかな?


生き活き十八才

いたぜ!“元”十八才の山形おばこが!face06(失礼

でも、もう“しゃべり”は十八才だぜ。半分以上は聞き取れなかったけど、、、そこは雰囲気でicon10


むきたけ(塩漬け)

“和子さん”に逢いてぇ~


わらび(塩漬け)

“道子さん”にも逢いてぇ~


銀杏

“みさおさん”俺はいつでも行くぜ~


にんじん

“まさ子さん”このセンスの良さはまさに十八才だぜ!


しいたけ

これは百目鬼の直売所で買ったもの。でかいよね!でもスゴく美味しそう!


青菜漬け

これも百目鬼かな。

“伯子さん”に逢いてぇ~。この青菜、ほんと美味しかったな~。これで飯食える!肴はもちろん!


なめこ

十八才ではなめこは売り切れだった。

「今朝まで少しあったけど売り切れ」「もう今シーズンは最後かな、、」とのこと。

これは、後に帰りに下った“道の駅おおえ”で購入したもの。産地は不明、、、


悪戸いも

これも百目鬼で買ったもの。“悪戸いも”有名だよね。

もう、なんか悪い奴らがいっぱいで面白いね。だけど“中身”はとってもウマい奴らなの!face03


ラ・フランス

これも百目鬼で。今シーズンも最後かな?いやまだまだか。


これらのお土産は、、もちろん自分一人では処理できないicon10いつもの場所に持っていこうかな

その後の様子はまた後ほど。では  


Posted by yado8 at 12:00Comments(0)散策

2018年11月25日

玉子そば屋

温泉のあとは、、、お腹空いたねぇ。やっぱりお蕎麦かな~

せっかく山形に来たのだから有名どころ狙えばいいのだろうけど、やっぱりここに来ちゃった。


もりゲソ天そば

相変わらず注文しづらい?face06 “ゲソ天もりそば”じゃダメなんだろうか、、、

いつも言い換えられるんだけど、、それも愛嬌かな。

それはそうと。蕎麦の味、かえしの味、量、コスパ。やっぱりここが好きなんだよね。


この後は“若い子”を求めてある地区に行きます!kao12  


Posted by yado8 at 10:00Comments(0)蕎麦

2018年11月25日

百目鬼温泉

すごい名称だよね。

山形在住の際にもたまに行っていたけど、ほんと特長のある温泉だよね。


百鬼目温泉

おどろおどろしい名称だけど、内陸部ではかなり珍しい“硫黄臭塩泉”で気に入っていたよ。

採掘部がかなり浅いことで“枯渇”が言われていて暫く休業していた経緯もあったらしいけど、、

人気があっての改修工事だっただけみたいね。


直売所

隣接する産直売所も楽しみだったし、、

もちろん今回もいろいろ買って来たよ(後でね)。


ただ、百目鬼温泉、、、

自称では“湯あたり温泉”として自覚はしていたんだけど、、、やっぱ疲れるのね。

正真正銘の“100%源泉”でカランのお湯も“温泉”でうれしい!


、、、あとは、入浴者マナーかな、、、  


Posted by yado8 at 07:00Comments(0)散策温泉

2018年11月25日

曲森山・富神山

せっかく山登りの道具も持って来ているのにやっぱり登らずにはいられない!

生憎の天気だけど、合い間をみて散策したいよね。


富神山登山口(西側)

いちばん“楽”なコースかな。途中まではチャリで登る人もいるのだとか、、、

登山口に車は一台。ここならのんびりと散策出来そうだ。


畑横の散策路

葡萄?梨?の畑かな。こういう畑横の散策路も九州の里山を思い出す。

もっぱらむこうは“茶畑”だけどね。


分岐・曲森山へ

右は真っ直ぐ富神山へ。左は途中にある曲森山へ。

ここは迷わず左の曲森山へ。たいした距離変動もなく寄られることお勧めです。


休憩場所

一瞬、ここが曲森山の登頂部と勘違いしそうだけどまだ先ね。因みにチャリはここまでかな。

後方に見える三角の山がこれから向かう富神山ね。


曲森山登頂部

やや急登部もあるけど登りきった感じは“丘”かな。

この時季、まわりの木々は落葉してるけど眺望はあまり良くない、、、


富神山へ

さて、一度下ったあとはここから登り一辺倒かな。


ここを登ったら頂上かな?というポジションは三度ほどある。侮るなかれ。


ここでしょう?まだまだ、、、


ここが最後の登りかな。もうすぐそこです。


到着!

先客は一人。登ってきた自分に気づかずこの後おもしゃいリアクションするface06 ゴメンね。

この方は南側から登ってきたのだとか。急登直登の敬遠コースね。頭下がるわ~


山形市方面遠景

ここ“十日見山”とはよく言ったものだ。そして山形城を“霞ヶ城”とよく言ったものだ。


先人らはここから“最上”を攻め入ろうとしていたんだものね。

霞城公園の最上義光の騎馬像がここ“十日見山”を見ていることが納得できるわ!


ここに参上!

登山日誌に記帳してそろそろ下山しますが、、、

アホすぎるわ!自分当初からリュック背負って来ていないし飲み物も無いの!忘れてるし?

汗を拭うタオルがないことで気づく!素手にカメラ持ちだけで登ってきたどアホ加減。末期だわface07


おむすび食べたい・喉渇いた

ほんとアホすぎる、、、

まぁ天気が良くなって良かったわ。ただこの後はポツリポツリ、、、


また来ます

低山とはいえ登り応えのある山(歴史を感じられる山)。

千歳山もいいけど、結果ここに来て良かったかな。

このあとは温泉も近いしねface02  


Posted by yado8 at 00:00Comments(0)散策

2018年11月24日

千歳山…

山形市の東部、比較的に街中に位置しているシンボル的な里山。通称“こんにゃく山”。

山形市在住のときにはここから近い場所に住んでおり、当時は歩いてよく来ていた。

あれれ?

ここは登山口近くに駐車場と水場があってとても便利!しかし、、満車!出庫待ち?の方もいる。

路駐の車も多い、、住宅地近くの路駐は避けたいicon10 やっぱ人気なのかね、、


トイレも設置

あれ?これも前からあったかな、、、

ん~、、、時間は7時過ぎ。冷たい雨が落ちてきた、、、どうしようかな~


登山口(稲荷神社側)

この入り口の雰囲気。今回本来登るべき九州の“開門岳”に似てるんだよな、、、

大きさ標高こそは違えど登り途中にある分岐ややや円錐形の容姿もなんとなく似てるの。

あちらは螺旋登り(時計周り)でこちらはつづら登りだけどね。


千歳山こんにゃく店

しばらく時間を潰したいけど、こんにゃく店もまだ開店していないし、、、

当時からも思っていたけど開店時間、もっと早くしたらいのに(自分勝手だけど、、、

11時開店だからお土産に買って帰省する時間もなかった記憶がよみがえる。残念だ。

早朝OPENならかなり大繁盛しそうなんだが、、、色々とあって考えたことなのかな。


それはそうと、雨足も強くなってきた。

“東に千歳あらば西に十日見あり”かな。ここは勇気ある撤退?


様子(天候)をみながら一路、富神山(十日見山)を目指し直します!  


Posted by yado8 at 16:00Comments(0)散策

2018年11月23日

いよいよ…

折角の休日だもの、低山でも山登りに行こうかな

そんなわずかな期待も打ち砕かれる、、、


真冬じゃん、、、

悪いほうの天気予報は当たるもんだよね

今年初の雪見はいきなりの冬景色。除雪車数台とすれ違う、、、


諦めモード発動中、、、

とりあえずスタッドレスに履き替えていて良かったわ

このまま、どこかの温泉にでも入りに行こうかな、、、


保養センターもがみ

あれれ?ここまで来ると雪はまったく無い。雪はぱらつく程度?

ここは人が少なくてゆったりできるface06 でも宿泊は他県からのお客さんも結構多いみたいね


いろは支店さんへ

外は寒いけど体が火照っているのでやっぱ“冷たい”肉そばかな

お昼時は過ぎていたけど結構なお客さんが入って来るね。皆はあたたかいのを頼んでいました


今日は山形市に泊まろう。明日こそ山登りに行けるかな、、、  


Posted by yado8 at 21:00Comments(0)散策蕎麦

2018年11月23日

無念…

本当は今頃は、暖かい?鹿児島の居酒屋あたりで吞んだくれていたんだろうな、、、

週末と週明けに急遽お仕事が入って、ほどなく九州遠征は中止に。今後延期も、ないだろうな、、、


無瀬の浜亀

(これはもう4、5年前の写真ね)

九州最南端の酒屋(お土産屋)でしか売っていない“芋焼酎”です。懐かしい!


こんなことはどうでもいいの。

やっぱり旅程のキャンセルはかなり痛い!よね。とくに航空旅客券は“痛恨の一撃”、、、

“払い戻し”という名の、ほぼほぼ航空会社への“寄付”?かってくらいの手数料ねicon10


何より、向こうで落ち合おうとしていた友人には本当に申し訳ないことした、、、

この日数年に一度の望月(満月)での開門岳登山。今年一番の楽しみだったんよホント、、


悪いのは仕事ではない。

己の貫き通す勇気と主張性の弱さだ。情けない、、、  


Posted by yado8 at 01:30Comments(0)日常

2018年11月18日

湯野上温泉

結局はこの時間には仙台に帰って来ましたicon10

どうしても今日中に片付けてしまいたい仕事を残していたもので、、、(ほんとウンザリ!)

今朝までの湯野上での記事です。どうぞ。


本日の部屋

ちょっと変わったお部屋。シングルとのことでしたが、これなら二人でもいける?

モダン且つ和風ってなところかな。若い方や一人旅にも受け入れられるように。


畳が恋しい

寝床はベッド敷きでフカフカだったけど、むしろ畳上に敷き直したいくらい?

滞在中はほとんどこの一畳ほどのスペースで過ごしていました!icon10


温泉!温泉!

天気もあまり良くなくて早々にお宿着に。もう明るい時間から温泉に浸かろうとね。

露天風呂は別の場所で家族風呂の「貸し切り制」です。空いていたら随時どうぞ。ってスタイル。

フロント辺りの浴衣姿のお客さんは、どうも空き待ちだったらしいicon10今日は無理か、、、


内風呂(男性)

民宿とは思えないほどデカい風呂face08 洗い場は4つだけど、ゆうに10人ぐらいイケる?


これこれ。湯温もやや熱めでもう自分好み!そして清潔なのが何よりうれしい!


露天風呂へ

これは翌朝(今朝)の露天風呂です。

時間、見誤ったかな?真っ暗です、、、 5時半過ぎかな。


でもこれが、一人で気兼ねなく入れる贅沢。やっぱ早起きしてよかったわ~

この後、内風呂に移り入り直して顔剃り・身支度なんかしてたけど、、、

露天風呂にはもう“貸し切り中”の札が掛かっていたね。皆、考えること一緒なんだね。


今日は「へつり」や「大内宿」に行く予定だったけど、今回は、、、残念でした。

次回は“食事付き”で、そして仕事片してゆっくり来たい!



お宿は「すずき屋」さんでした。

  


Posted by yado8 at 13:00Comments(0)泊まる温泉