2018年10月08日

かっぱのゆ

たまたま見つけた看板に誘われて来てしまった、、、

加美の秘湯かっぱのゆ

道の駅のような、、、医療施設のような、、、


フロント

どこかのクリニックか医療施設に近い雰囲気、、、

いずれにせよ秘湯感はまったくない!face06

入浴券はタオル付き¥500-(2時間)だったかな。変わったシステムだよね。ふつうなのかな?

1日券になると¥1,000-で、お得なのか高いのかよく分からない、、、そんなに滞在する?


長閑だ

出てくると車でいっぱいになっていたよicon10 なかなかの人気なんだね。

思い切りスパ感は否めないかな、、、“滞在”しやすい温めの設定とプール臭、、、

もうちょっと熱かったらよかったんだけど、、、もう一回来るかな?~face06  


Posted by yado8 at 10:00Comments(4)散策温泉

2018年09月21日

ゆぽっぽ

焼き肉食べたあとは、、、

JR女川駅と併設している「女川温泉ゆぽっぽ」へ。


表記は「yupo'po」

丸々と太りやがって、、、(後輩です)

閉店間近の浴室内です。盗撮ではないけど今ご時世、注意ね。許可済みです。


立派な天井に富士

おデブおデブ言ってたら運動(腕立て)し始めた、、、

浴室はあまり大きくはないけど真新しくて清潔です。

人がいない閉店間際が狙い目かな? なんだけど、宿泊施設は一つしかないし、、、


女川駅ホーム

最終列車は行ってしまったはずだけど、明かりは煌々とついていました、、、

女川駅着があるのかは調べておりませんが、、、


家路へ、、、

もちろん宿泊施設へ

そうそう。温泉は塩泉でやや熱めで好き。宿泊得割で¥400-/回だったかな。

直接の日帰りだと¥500-になるのかな。


もう、この後は部屋飲みもコンビニに買出しで学生乗りで過ごしましたicon10

もう、この買出しが余計!やっぱり後悔するのね、、、でも楽し懐かしかったのでよし!


皆で翌朝、「こんなにゆっくり寝られたのは久々かも…」 だってさ、、、


施設宿泊にありつけないツアラーが車中泊されているのには、ちょっと心痛かったけど、、、
  


Posted by yado8 at 22:00Comments(0)散策温泉

2018年07月28日

湯遊ランドはなわ

DEEPな温泉地へ…

これまで、お誘いか紹介がなかったら絶対知る由もなかったろうに…

2012号室 …だったかな…

“かんぽの宿酒田”を思い出す… 洋室ツインを独り占めー …ただ何より一番奥でしたicon11

部屋の窓からの景色

うゎ~パークゴルフ場もあるんだ~ なんて悠長なことは言っていられない!

目指す温泉は、遥か向こうに見える“トンガリ屋根”までさ… もうゲンナリ…

“コの字”型に建っているので、えらく遠く感じるさ…実際遠いよ

男湯 露天風呂Ⅰ

今晩、行くか行かないか迷ったけど折角だからね…夕食後の少し落ち着いてから

男湯 露天風呂Ⅱ

誰もいないし、虫もいない… ん~ちょっと温いかなicon10

男湯 露天風呂Ⅲ

まぁ静かでいいや…

いつまでも入っていられる。けど、やっぱ温い!温すぎるかな…

男湯 露天風呂Ⅳ

それにしても人、いないね…

やっぱ震災風評もあるのかな…泊まるまでもなく日帰りなのかもね。しかも水戸No.多しね。

もはやここはギリ東北(福島県)ですぐそこ茨城県だものね。


今晩は適当に缶酎ハイとおつまみ煽って寝よう!

wi-fi環境は整っているようだけど、「お客様の部屋までは届かない」ですって…

もう!もっと手前の部屋にしてよね!  


Posted by yado8 at 16:00Comments(0)温泉

2018年06月30日

瀬見温泉Ⅳ

やはり更新を滞ってしまった…そろそろ完結させないとね。

瀬見温泉のシリーズもこれでおしまいです。お付き合いのほどどうぞ。



「ようこそお越し下さいました。こちらへどうぞ…」
翌朝は4時過ぎから館内散策と朝風呂にでかけましたよ。

ここは現在、日帰り入浴用の入り口になってしまいました“本館”の入り口です。



本館から入っての玄関正面の画です。

朝風呂浴びてからの散策だったので、時間は朝の5時前です!



宿泊棟から本館入り口方面へ。階段をおりた先が本館玄関ね。

粛々として高揚感というよりドキドキ感のほうが大きいかも…



昨晩には行かなかった“ローマ式千人風呂”に。浴場前の洗面台です。渋い!

時間によって“混浴”になっているみたいなので調べてね。因みに今時間はkao12…朝4:30だもの…



ここが浴場前の脱衣所になります。もちろん一ヶ所しかないけど、誰もいない!よし…

こういう時って一番オドオドするのは男のほうなのね。



どうですか。たまらんでしょ?もっと写りのよい画もあったのだけど、

うしろの壁画(タイル)が写っているのを選んだのでまとめてこれにしました。



イメージしたまんまでテンション上がってきました!

タイルのほころび(欠け)加減だとか、味のあるボロさ加減はもう大好物です。

昔、熊本のほうに行ったときの温泉か…いや、岩手鉛温泉の昔の湯治場を思い出しました。



なによりお湯が新鮮。源泉は熱すぎるので“沢水”で適温にしているようだけど日々違うみたい。

結構、熱めの温泉は大好きです。(このあとアタるけど…



良いときに来たのかもしれないけど、最上の人はずっこいぜ!

ホント侮っていたな~…



脱衣場にあるモチーフ。ほんと“宝の湯”かもしんない。

いいことありそうな…。日ごろの行いが良くないからこれで相殺で至って普通に戻るだけか?…



そんなこんなで、朝5時前までお風呂に入っていたよ。疲れるわけだわ…

あ~帰りたくない。現実に戻りたくない~。ここに住みたい~…



「またのお越しお待ちしております」(一枚目の写真とは違うよ。

からくりか何かでやったら面白いかもね。 うん。また来るよ!


今回はほぼノープラン、食事なしで泊まったけど、やっぱり食事も気になるよね。

次回は食事付き、しかも連泊で滞在したい宿でした。(強引に〆ました?



でも終わりではないよきっと。瀬見だけにセミ・ファイナル… ← 絶対言うと思ったわ…  


Posted by yado8 at 19:00Comments(4)温泉

2018年06月28日

瀬見温泉(番外編)

“エメラルドグリーン”のお風呂に入ったあとは、勿論、部屋でまったりとしていたよ!

…ん? 何だろう? 誰かに見られてる?…



ありゃ! 瀬見の妖精きたよ! エメラルドグリーンだもの!

「あの~…すんません。ちょっとだけ、羽、乾かせて下さいよ…」 って聴こえるよ。



お腹モコモコ。 触りた~い。

「ちょ!ちょっとー。そんなところから見ないでよ…」 って聴こえるよ。



「で?向かいの宿はどうなのよ?」(オレ

「い、いや~たいしたことねぇっすよホント…」(パピ

「ほんとか~?どれどれ…」(オレ

「見ねぇで下さい!ってば」(パピ


まぁ、女子なのか男子なのか分からんし…

独り妄想耽ってる自分が一番アホだな… でもめんこかったぜ!



だけど…

「おメェさ、来週も来んのけ?」(パピ

「己は、いきなりババァか」?(オレ

東北の昆虫は成長が早いのよ。きっと。


…すみません全て妄想ですicon10
  


Posted by yado8 at 21:00Comments(2)温泉

2018年06月28日

瀬見温泉Ⅲ

瀬見温泉。“喜至楼”さんでの泊まりの続き。

今回は館内探索と温泉のお話し。



そうそう。これは“下湯場(しもゆば)”ではないか?との、んだ!ブロガーさんからのご指摘。

へぇ~、恥ずかしながら初めて聞く言葉だった。参考になりました。ありがとうございます。

意味はface06 なるほどね~



売店?お土産屋? 違うな…骨董品や歴史的展示物のコーナーですかね。

年季の入った廊下を歩く音。あの軋む音、いいよね。



その奥には土器類が展示してある。近くで出土したもののほかに満州のものもあるのかな?



骨董収集品の趣ってやつね。なかなかの一見価値あり?



趣のある案内板を頼りにお風呂場に向かいます。 アレ?どこだ~

やっぱ広いねicon10 今時間、男子が入れるお風呂に向かってます。



ここでいいのかな?~ ってな感じで着いたのが“オランダ風呂(男湯)”の脱衣場です。

ウズウズワクワクするわ~



ドン! “オランダ風呂(男湯)”です! たまらんわ~

ツッコミどころはあるかもしれませんが、自分は今すぐ頭からぶっこみたい!

写りはいいけど結構な熱気と湯気で、ほんとはすぐにレンズは曇るほどよ!



湯音はかなり高め!…と思ったけど“湯もみ”するとすこぶる適温に!

時季・時間・天候によるらしいけど一番いいときに来たかもしんない!しかも貸し切り!



めちゃくちゃ新鮮!



侮っていたわ~… タイル張り最高! いいにおい~

この“エメラルドグリーン”はどうして? もうここに住みたいわ…



ケロリンの湯桶は健在!

部屋でもそうだったけど、水は基本、流しっぱなしです!沢水(消毒済)を使っているそうです。


このあとも調子に乗りすぎて、自分珍しく“湯あたり”と“湯ざめ”を併発することになるのさ…

まぁ、それだけよかったっていうこと。 その続きはまた。
  


Posted by yado8 at 00:00Comments(0)温泉

2018年06月27日

瀬見温泉Ⅱ

瀬見温泉。ゲキ渋な“喜至楼”さんに泊まりのつづきです。



旅館は好き嫌いが大きく分かれるかもしれないけど自分は好きね。むしろ大好物。

レトロなところはもちろんだけど、ある程度の“不便さ”みたいなものがあってもいいと思うの。



フロントからしてコレだもの!ワクワクするでしょ?

“遊郭”っぽい名残りでもあるんだろうか?(もちろん、その時代の人ではありませんけど…



今回、泊まった部屋は「雲井」。こういうの残しておくと便利ね。また行く機会にも参考にするよ。

写真1枚目の最上階、左から二番目の部屋だと思う…



お部屋に通され扉を開けると前置きがあってその奥に部屋が続く造り。

そこには女性用の鏡台が置いてあるから何とも不思議な配置。なんとなくね…



お部屋は畳敷に、いたって普通の“純和室”。すでに布団が敷かれておりました。

写真右側にTVが設置されているので、なにか違和感があるけど上座としては正解なのか…

このあと、すぐに配置換えしましたが…



奥には小さな洗面台がひとつ。トイレはありませんが全然不便さは感じない。

冷蔵庫はあったかな?使用していないので記憶にありません…ゴメン…
(この後に撮った写真をチェックしましたが、どうやら冷蔵庫の設置はないみたいです)
いや、前部屋に間違いなく設置されておりましたわ!はい。あります!です。



各階の部屋の前にはこういった“足洗い場”?があるんだけど、どういった風習だったんだろうか?

どうみても“洗面台”ではないのね…



お手洗いは各階、男女別に設置されています。やっぱり渋いよね…

それと今となってはふつうになってる“シャワー的”なものはないからね。



いや~引き込まれるわ~…

この後、館内散策と温泉に行った話しはまた後でかな…ゴメン、力尽きます。

ではまたね。  


Posted by yado8 at 00:00Comments(2)温泉

2018年05月05日

旅の〆は

長くいただいたGWももうお終い。この虚しさ感はいくつになっても変わらんのね…

北海道からの戻りはやっぱ秋田港着で。



GW旅の〆の温泉はやっぱここかな。「アイアイひらた」さん。

やっぱ混んでたわ~10時前だったけど、すでに県外No.の車も結構いました。



ここ泊まれるのかな?~

途中に通ってきた“八幡高校”?周辺の町並みも散策してみたいな…

昔ながらの佇まいに“瓦屋根”は北海道では見ることは出来ないしスゴく気になる…


温泉にはもっとゆっくり浸かっていきたいけど、今回は最後の最後に山形市に泊まろう。

これから山形市に向かいます!


途中経過も全然UPする時間もなかった…おいおいかな…  


Posted by yado8 at 22:00Comments(2)温泉