2018年09月29日

肘折温泉

時系列がバラバラでホント申し訳ないです、、、

ん…?ここは肘折温泉ではなくて、もう黄金温泉になってしまうのかな?


旅館 金生館

たまらんでしょ? このノスタルジック感! オレは好きだな~

やっているのかどうかも分からない!このドキドキ感。


和室 風呂トイレなし

もう最高!テンション上がる!

この昭和ノスタルジックな雰囲気は大好物です。温泉街(肘折)からは大分離れてるけど、、、


内風呂

たまんない!Ⅰ。

源泉かけ流しの湯温は適温!熱すぎるぐらいがなまらうれしい!


露天風呂Ⅰ

たまんない!Ⅱ

もう秘湯の雰囲気だよね。だけどセレブな奥様たちには無理かも、、、


露天風呂Ⅱ

格子の向こうは女性風呂。まあまあモロ見え?

ほぼほぼ混浴の覚悟が必要かもね。


露天風呂Ⅲ

まあまあ男性風呂でもオープンですけど、、、気にしない。


散策

旅館というよりも民宿に近いのかな、、、

でも昔ながらの大きな食事処、宴会場は立派でしたよ。(写真なしでゴメン、、、)

一世風靡したんでしょうね。 今度は食事付きで堪能したいです。


考察

はなから圏外だと風呂入り酒飲みの繰り返しだったけど、、、

帰り際、、、wi-fi完備されておりましたicon10 過ごし方大いに間違っておりましたicon10

もう一回、リベンジさせて下さい、、、


このとき肘、折れたはぁ~
  


Posted by yado8 at 21:00Comments(0)泊まる

2018年09月21日

女川での朝食

天気予報も外れるほどの“晴れ女”に感謝いたします、、、


フロント棟前

いい時期だったら常夏気分が味わえるかも、、、コンドミニアムっぽい、、、


朝食会場

勝手に目玉焼き4個/一人。サラダ+大量のポテトをイメージするが、、、


朝食、、、

ここはニッポンでした、、、


しまがつお?

初めて聞いた“魚”だけど美味しそう!ここは女川だしね!


あれれ?

ちょっとヤバイかもです?、、、

口の中の水分、全部持っていかれるヤツです!

全部、だしが抜けきったカラカラのなにかの“モノ”でした、、、

とにかく喰う今回の客人も、ほとんど一口で手付かずだったのには驚いた、、、


お店に置いてある熱い“麦茶”が、ものすごく美味しい!

これで“茶漬け”にすると、かろうじて食べられるかも、、、


気を遣ったのか友人の奥様が「ご飯少しだけ」って、おかわりしてるの微笑ましい!


でも普通に納豆と漬け物で食べていたのが印象的!!

ゴメンよ!!  


Posted by yado8 at 23:00Comments(0)泊まる散策

2018年09月18日

ホテルエルファロ

先ほど牡蠣をたらふく食べたけど、あれは“昼食”か“間食”感覚なのか…だよね~。

とりあえず、まずは今晩のお宿に移動しましょ!


トレーラーハウス(ホテルラファエロ)

あんまり人いない…連休なのに?…

だけど客室は満席!自分らが最後の一室だったみたい。もちろん事前net予約していましたよ。


どこかのリゾート地に来た趣。コンドミニアム系のね…今は皆、部屋で寛いでいるのねきっと…


「何だかこってりと“肉”食べたい気分だね…」 誰が言ったか分からんけど…じゃあ行くか!


このあと、JR女川駅周辺を散策いたしますicon10  


Posted by yado8 at 20:00Comments(0)泊まる散策

2018年07月28日

湯遊ランドはなわ

DEEPな温泉地へ…

これまで、お誘いか紹介がなかったら絶対知る由もなかったろうに…

2012号室 …だったかな…

“かんぽの宿酒田”を思い出す… 洋室ツインを独り占めー …ただ何より一番奥でしたicon11

部屋の窓からの景色

うゎ~パークゴルフ場もあるんだ~ なんて悠長なことは言っていられない!

目指す温泉は、遥か向こうに見える“トンガリ屋根”までさ… もうゲンナリ…

“コの字”型に建っているので、えらく遠く感じるさ…実際遠いよ

男湯 露天風呂Ⅰ

今晩、行くか行かないか迷ったけど折角だからね…夕食後の少し落ち着いてから

男湯 露天風呂Ⅱ

誰もいないし、虫もいない… ん~ちょっと温いかなicon10

男湯 露天風呂Ⅲ

まぁ静かでいいや…

いつまでも入っていられる。けど、やっぱ温い!温すぎるかな…

男湯 露天風呂Ⅳ

それにしても人、いないね…

やっぱ震災風評もあるのかな…泊まるまでもなく日帰りなのかもね。しかも水戸No.多しね。

もはやここはギリ東北(福島県)ですぐそこ茨城県だものね。


今晩は適当に缶酎ハイとおつまみ煽って寝よう!

wi-fi環境は整っているようだけど、「お客様の部屋までは届かない」ですって…

もう!もっと手前の部屋にしてよね!  


Posted by yado8 at 16:00Comments(0)泊まる温泉

2018年06月30日

瀬見温泉Ⅳ

やはり更新を滞ってしまった…そろそろ完結させないとね。

瀬見温泉のシリーズもこれでおしまいです。お付き合いのほどどうぞ。



「ようこそお越し下さいました。こちらへどうぞ…」
翌朝は4時過ぎから館内散策と朝風呂にでかけましたよ。

ここは現在、日帰り入浴用の入り口になってしまいました“本館”の入り口です。



本館から入っての玄関正面の画です。

朝風呂浴びてからの散策だったので、時間は朝の5時前です!



宿泊棟から本館入り口方面へ。階段をおりた先が本館玄関ね。

粛々として高揚感というよりドキドキ感のほうが大きいかも…



昨晩には行かなかった“ローマ式千人風呂”に。浴場前の洗面台です。渋い!

時間によって“混浴”になっているみたいなので調べてね。因みに今時間はkao12…朝4:30だもの…



ここが浴場前の脱衣所になります。もちろん一ヶ所しかないけど、誰もいない!よし…

こういう時って一番オドオドするのは男のほうなのね。



どうですか。たまらんでしょ?もっと写りのよい画もあったのだけど、

うしろの壁画(タイル)が写っているのを選んだのでまとめてこれにしました。



イメージしたまんまでテンション上がってきました!

タイルのほころび(欠け)加減だとか、味のあるボロさ加減はもう大好物です。

昔、熊本のほうに行ったときの温泉か…いや、岩手鉛温泉の昔の湯治場を思い出しました。



なによりお湯が新鮮。源泉は熱すぎるので“沢水”で適温にしているようだけど日々違うみたい。

結構、熱めの温泉は大好きです。(このあとアタるけど…



良いときに来たのかもしれないけど、最上の人はずっこいぜ!

ホント侮っていたな~…



脱衣場にあるモチーフ。ほんと“宝の湯”かもしんない。

いいことありそうな…。日ごろの行いが良くないからこれで相殺で至って普通に戻るだけか?…



そんなこんなで、朝5時前までお風呂に入っていたよ。疲れるわけだわ…

あ~帰りたくない。現実に戻りたくない~。ここに住みたい~…



「またのお越しお待ちしております」(一枚目の写真とは違うよ。

からくりか何かでやったら面白いかもね。 うん。また来るよ!


今回はほぼノープラン、食事なしで泊まったけど、やっぱり食事も気になるよね。

次回は食事付き、しかも連泊で滞在したい宿でした。(強引に〆ました?



でも終わりではないよきっと。瀬見だけにセミ・ファイナル… ← 絶対言うと思ったわ…  


Posted by yado8 at 19:00Comments(4)泊まる温泉

2018年06月28日

瀬見温泉(番外編)

“エメラルドグリーン”のお風呂に入ったあとは、勿論、部屋でまったりとしていたよ!

…ん? 何だろう? 誰かに見られてる?…



ありゃ! 瀬見の妖精きたよ! エメラルドグリーンだもの!

「あの~…すんません。ちょっとだけ、羽、乾かせて下さいよ…」 って聴こえるよ。



お腹モコモコ。 触りた~い。

「ちょ!ちょっとー。そんなところから見ないでよ…」 って聴こえるよ。



「で?向かいの宿はどうなのよ?」(オレ

「い、いや~たいしたことねぇっすよホント…」(パピ

「ほんとか~?どれどれ…」(オレ

「見ねぇで下さい!ってば」(パピ


まぁ、女子なのか男子なのか分からんし…

独り妄想耽ってる自分が一番アホだな… でもめんこかったぜ!



だけど…

「おメェさ、来週も来んのけ?」(パピ

「己は、いきなりババァか」?(オレ

東北の昆虫は成長が早いのよ。きっと。


…すみません全て妄想ですicon10
  


Posted by yado8 at 21:00Comments(2)泊まる温泉

2018年06月28日

瀬見温泉Ⅲ

瀬見温泉。“喜至楼”さんでの泊まりの続き。

今回は館内探索と温泉のお話し。



そうそう。これは“下湯場(しもゆば)”ではないか?との、んだ!ブロガーさんからのご指摘。

へぇ~、恥ずかしながら初めて聞く言葉だった。参考になりました。ありがとうございます。

意味はface06 なるほどね~



売店?お土産屋? 違うな…骨董品や歴史的展示物のコーナーですかね。

年季の入った廊下を歩く音。あの軋む音、いいよね。



その奥には土器類が展示してある。近くで出土したもののほかに満州のものもあるのかな?



骨董収集品の趣ってやつね。なかなかの一見価値あり?



趣のある案内板を頼りにお風呂場に向かいます。 アレ?どこだ~

やっぱ広いねicon10 今時間、男子が入れるお風呂に向かってます。



ここでいいのかな?~ ってな感じで着いたのが“オランダ風呂(男湯)”の脱衣場です。

ウズウズワクワクするわ~



ドン! “オランダ風呂(男湯)”です! たまらんわ~

ツッコミどころはあるかもしれませんが、自分は今すぐ頭からぶっこみたい!

写りはいいけど結構な熱気と湯気で、ほんとはすぐにレンズは曇るほどよ!



湯音はかなり高め!…と思ったけど“湯もみ”するとすこぶる適温に!

時季・時間・天候によるらしいけど一番いいときに来たかもしんない!しかも貸し切り!



めちゃくちゃ新鮮!



侮っていたわ~… タイル張り最高! いいにおい~

この“エメラルドグリーン”はどうして? もうここに住みたいわ…



ケロリンの湯桶は健在!

部屋でもそうだったけど、水は基本、流しっぱなしです!沢水(消毒済)を使っているそうです。


このあとも調子に乗りすぎて、自分珍しく“湯あたり”と“湯ざめ”を併発することになるのさ…

まぁ、それだけよかったっていうこと。 その続きはまた。
  


Posted by yado8 at 00:00Comments(0)泊まる温泉

2018年06月27日

瀬見温泉Ⅱ

瀬見温泉。ゲキ渋な“喜至楼”さんに泊まりのつづきです。



旅館は好き嫌いが大きく分かれるかもしれないけど自分は好きね。むしろ大好物。

レトロなところはもちろんだけど、ある程度の“不便さ”みたいなものがあってもいいと思うの。



フロントからしてコレだもの!ワクワクするでしょ?

“遊郭”っぽい名残りでもあるんだろうか?(もちろん、その時代の人ではありませんけど…



今回、泊まった部屋は「雲井」。こういうの残しておくと便利ね。また行く機会にも参考にするよ。

写真1枚目の最上階、左から二番目の部屋だと思う…



お部屋に通され扉を開けると前置きがあってその奥に部屋が続く造り。

そこには女性用の鏡台が置いてあるから何とも不思議な配置。なんとなくね…



お部屋は畳敷に、いたって普通の“純和室”。すでに布団が敷かれておりました。

写真右側にTVが設置されているので、なにか違和感があるけど上座としては正解なのか…

このあと、すぐに配置換えしましたが…



奥には小さな洗面台がひとつ。トイレはありませんが全然不便さは感じない。

冷蔵庫はあったかな?使用していないので記憶にありません…ゴメン…
(この後に撮った写真をチェックしましたが、どうやら冷蔵庫の設置はないみたいです)
いや、前部屋に間違いなく設置されておりましたわ!はい。あります!です。



各階の部屋の前にはこういった“足洗い場”?があるんだけど、どういった風習だったんだろうか?

どうみても“洗面台”ではないのね…



お手洗いは各階、男女別に設置されています。やっぱり渋いよね…

それと今となってはふつうになってる“シャワー的”なものはないからね。



いや~引き込まれるわ~…

この後、館内散策と温泉に行った話しはまた後でかな…ゴメン、力尽きます。

ではまたね。  


Posted by yado8 at 00:00Comments(2)泊まる温泉

2018年06月24日

瀬見温泉Ⅰ

今回の“山形旅”の最後は、最上町の瀬見温泉に泊まりました。

瀬見温泉での宿泊は10年振りぐらいかな…いやそれ以上かな…



かねてから気になっていた“喜至楼”さんへ。詳細はまた後ほど。

チェックイン後、すぐに界隈散策へ!



瀬見温泉の目抜き通り。

“本館”前には真新しい“立ち寄り湯”が出来ていましたね。その他はあまり変わっていないかな…



その本館前。日帰り専用になっていましたね。いや~ここから出入りしたかった~

いや~シビれるね。大正ロマン感じるわ~



温泉街、目抜き通りを抜けて“亀若大橋”へ。国道沿いから見える代表的なあの赤い橋ね。

因みに通りの食事処はお寿司屋さん(夜)とラーメン屋さん(昼)ぐらいかな?変わっていないね…



西側を望む。鮎釣りは7月からなのかな?

旅館の窓から竿、出したいよね。そんな場所なかったっけ?



東側を望む。ところどころでボコボコと温泉?が湧いているのが見える。

「子供のころは、よく穴ぼこに手掴みで魚採ってたな~」っていう知り合いの言葉を思い出す。



対岸に渡り、宿泊先方面を望む。“喜至楼”さんの平米数はかなり大きいのね。

向かいにある“観松館”は以前に泊まったことがある。皇室もお泊りになられたお宿ですよね。

観光バスが引っ切り無しに到着してたよ。…今回は残念ながらあまり興味が沸かないface06



瀬見ドライブイン跡地。

ここの“五目ラーメン”は絶品だったなぁ~餡かけがきいてさ…

当時も初心者な川釣りの後だったから殊更に体が温まったの思い出す。懐かしいわ!



瀬見温泉駅を横目にお宿方面に戻ります。

途中にトトロがいたよ。(行ったら分かるさface02



“牛若丸”さんもいたよ。ウ〇チまみれだったけど…

橋の上で笛を吹いているけど、ここには“武蔵坊”はいないよ!

え?それがこの橋なの?って思う人、多分いっぱいいるんだろうな…(いないか)



立派な兜。

かぶりてぇ~、いやジンギスカン食いてぇ~(やっぱ道民だわ…



んー川の匂いする。

如何にも魚、釣れそうな場所だけど…なかなか上がらないんだよね~



あ、釣りしてる。いいね~…ん?解禁前なのに?山女魚なのかな…

あの尺はアユ竿だよねface06

以前、ここの近くの商店で遊魚券を購入して川に入ったことがあるけど、

「え?ヤマメ狙いだったの?今度来たら遊魚券はいらないよ」!って言われて驚いたさ。

山女魚を雑魚として“どうぞどうぞ”っていう、あのご対応は今はもうないのかな?



さて、ぐるっと回って戻って来たよ。ハァー、なかなか気温も下がらず少々くたびれました。

ん~渋すぎる外観!たまらんね。

続きはおいおいと。ではまた。

  


Posted by yado8 at 20:00Comments(2)泊まる散策

2018年05月26日

また来るね


ここはいいな~ やっぱり旅館ならではの家庭的な雰囲気は落ち着くよね。

プライベートを重視する若者にはどうしても敬遠されてしまうのかなface06

共同のお風呂にトイレなんて全然気にならないもの。歳なんだべか…


部屋には施錠なんてものは無いもの!

貴重品・PC放置したまま出掛けたもの。 ← (これはダメよ。俺が単にズボラなだけだし…)



出発の際には「おむすび」持たせてくれました。ありがたく頂戴いたします!

若干の二日酔いにて朝、あまり口に食べ物入れたくない不孝者face06 車中で美味しくいただきました!



スマホでパチリ!(カメ忘れてきました…)

いや~ホントにいい景色だわ。やっぱ来てよかった。



帰り道にいったん通り過ぎたけど、なぜか気になって戻りました。 「大宰府神社」

学問の神様がいるのかな?…今の俺には必要すぎる! 

でも、お賽銭箱が見当たらなかったので早々に引き返してしまった…(バカ



神社・お宿もあらためてまた来ます!

週明け早々の仕事のために…やっぱこれから仙台に戻りますkao13

アイアイも行けなかったー また来ます!  


Posted by yado8 at 12:00Comments(0)泊まる